About NodeSchool

NodeSchoolは、ハイクオリティなプログラミングカリキュラムの作成、及びコミュニティ学習イベントの開催の2つを目標に、ボランティアによって運営されるオープンソースプロジェクトです。

対話的なチュートリアル

"ワークショッパー"のフォーマットは、2013年の夏、Substackstream-adventureのnpmパッケージで作成しました。

ワークショッパーの特徴は、対話性と自動化です。
ワークショッパーには数種類の難易度があり、学習者は段階的にチャレンジしていくことができます。
各課題は最初にコンセプトを説明し、課題の解答に必要な要件をリストアップして提示します。
学習者は要件を満たすプログラムコードを書いてください。

解答ができあがったら、提出しましょう。
提出された解答は自動でチェックされます。
間違いやミスがあった場合、フィードバックを受け取り、再度トライすることができます。
プログラムコードが基準を満たした場合、次の段階へ進むことができます。

上記はすべて自動化されています。
ワークショッパーは、学習者が正しいコードを書いているかチェックするユニットテストスイートのようなものと言えるでしょう。

広汎なトピック

NodeSchoolのすべてのワークショップはNodeで書かれていますが、ワークショップの対象は、必ずしもNodeである必要はありません。例えば、shader-schoolワークショップでは、コンピュータグラフィックスの概念を教えており、JavaScriptを書く必要がありません。

NodeSchoolコミュニティは新しいワークショッパーを作成するための素晴らしいツールを開発しました。
あなたがワークショップのアイデアを持っている場合、ビルドページをチェックすることをおすすめします。

世界中のイベント

NodeSchoolは、南極大陸を除くすべての大陸でコミュニティイベントがあります。
誰もがイベントを開催することができます。コミュニティとして、みんなのために楽しいイベントを作り、有用な情報、ガイドラインやtipsを編纂しましょう。
詳しくは、イベントページを参照してください。

共同作業

NodeSchoolは、GitHubを使用しています。NodeSchool関係者に連絡を取るのに最適な場所はorganizers repositoryです。
誰でもこのリポジトリ上で新しいIssueを作成することができます。organizersは、通知を得て対応することができます。
この方法は、直接organizersへEメールを送信するよりもずっと優れています。

人々の話を聞いて見る

the NodeUp podcast Mikeal Rogersのepisode 55では、Max Ogdenおよびその他のコミュニティメンバーがNodeSchoolsについて話しています。
ボルティモアで開催されたAt Cascadia JS 2014ではJason Rhodesが、NodeSchoolsについて語っています。